剣道が好きです。稽古も好きですが、単純に剣道具も好きです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
<< 【剣道具店巡り】島根 浅間堂 | main | 剣道具店及び剣道用具類取り扱い店舗への思い >>
感謝すべき事態と、ひとりごと
category: ひとりごと | author: radical
0

    先日、いつものとおり剣道具店へ入り浸りつつ、なじみのお店でぐだぐだとおしゃべりをしていたところ

    まさにこのブログをもとにお店を訪ねてきた方とお会いするという驚きの出来事がありました。

    どうやらそのお店のほかにもブログをもとに道具を求めて行ったお店があるとのこと。

     

    拙ブログがこうしてどこかの誰かの参考になれた、というのはうれしさがあります。

    不定期更新かつ私個人の見解丸出しの文章ではありますが、今後も続けていきます。

     

    さて、今日はいつもの剣道具カテゴリーではなく「ひとりごと」カテゴリーに投稿します。

     

    思うところを長々と書いておりますので、読み飛ばしてくださって大丈夫です。

    なんせひとりごとなので。

     

     

     

    テーマは”剣道具のお買い物”について。

     

    よく「いいお店知らない?」とか「いい防具ない?」と知人にも聞かれるのですが、たいていは

    「予算は〇万」という条件があまりにも防具業界を軽んじた理解だなと感じる次第です。

     

    10万で1分5厘のいい防具が欲しい!海外のはなんか質が悪そうだからやだ!って言われたときには

    これはどこから説明したものかと途方にくれました。

     

    そのほか、似たような申し出としては小手の修理に3000円は高すぎる!とか一式で5万なんてだせない、とか。

     

    本音を言えば、そういう相談を持ち掛けられたときは

    「それなら買わなくて結構、剣道やめれば?」

    って言いたいです。

    (実際はひとつひとつ説明して理解を求めますが、それでも理解を得られないことも多々あります。)

     

    たとえ話になりますが、

    サッカーが好きだっていう人がスポーツショップに行ってシューズ1万は高い、3000円にしろとか

    ゴルフをやる人が、ゴルフクラブを買いに行った先でとっておきのいいアイアンを買いたい、でも予算は5000円だとか

    登山家が、雪山に登るための本気の装備を揃えたい、でも価格が高いのはいやだとか

    写真が趣味の人が、カメラを買いに行った先でレンズを値下げしろ、買ってやるから三脚とカバーもつけろって買いたたいたりとか

    そういう主張をしている姿を見たことがありますか?

     

    それが剣道具業界だと当たり前のように値下げしろとかこれもつけろあれもつけろってなりますよね。

    一番驚いたのは胴を2枚買うから1枚ただにしろという要求です。

    ピザのキャンペーンじゃないんですよ。

     

    そんなにみっともない姿をさらして買うくらいならやめればよろしい。

    どんなに安い胴でも、どんなに高い胴でも、へりを綴じる作業そのものは同じことをやっています。

    道具を仕立ててくれているどこかの見知らぬ誰かの仕事っぷりを考えることもできずに安いものばかり求めるのは私個人としては唾棄すべき行為と考えております。

     

    礼に始まり礼に終わるという言葉もある剣道において、

    剣道具をいちから仕立てる仕事の大変さにも気を回せないで安くしろと値下げを要求して買い物をする姿のどこに礼がありますか?

    店側が、これはいくらですと売っているものなんですからそれにきっちりと対価を支払うのが最低限かつ最大前提となる姿勢です。

     

    上記、私がお会いした方は店頭で剣道具を実際に見て触って、話を聞いた上で買うと決め、その場で正規の値段をきっちりと支払っておられました。

    「お安くなりませんか?」なんて一言も口に出さず、スマートそのものと感じました。

     

    いいものが欲しいなら自分で探す。

    いいものが欲しいなら必要な金額は必要な分支払う。

    いいものが欲しいなら納得して買い物をする。

     

    当たり前のようですが、昨今の剣道具業界のユーザー側が守れないところだと私は考えています。

     

    心に思うことはまだありますので、近々また少しテーマを変えて改めて投稿します。

    comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
    スポンサーサイト
    category: - | author: スポンサードリンク
    0
      - | - | PAGE TOP↑
      管理人様、先日はどうも有難う御座いました。
      まさか、いつも参考にさせてもらっているご本人様とお会いできると思っていませんでしたので、驚きました。
      ド素人の私などを記事に取り上げていただき大変恐縮です。

      店主様や管理人様の経験に基づく、痛みに気付きにくい瞬間があるからこそ、頑丈なつくりであることの重要性。
      正直なところ、どれぐらい軽い・薄い・動きやすいのだろう?のみが判断基準となっていた自分には衝撃的なお話でした。

      実際に使い込まれ修繕された小手から、職人の技術の凄さを目の当たりにし感銘を受けました。
      管理人様の記事ともリンクするのですが、たしかにここまでの仕事に対し、高い安いなどとは口が裂けても言えません。
      美辞麗句や値段にばかり目が行くと店主様のいう「大事にしない防具」になってしまうのかなと愚考します。
      管理人様の記事を参考にさせてもらいつつ、自分の求めるものを見定めた粋な買い物ができるよう心掛けていきたいです。

      店主様とお話させていただく中で
      小手をはめて、どういう状態を素手感覚とするのか?どういう小手を使いやすい小手とするのか?
      微妙なサイズの違いで迷ったときにどうするか?というお話。
      防具選びにおいて結局はどこを信じるかというお話、等々、とても考えさせられました。
      手入れ方法など私の無知丸出しな質問にも丁寧に答えて下さり、大変感激しました。
      あまりあちこち行くのは〜というご忠言には、なるほどと、耳が痛い思いでしたが(笑)
      しかしそのお陰で、こうして素晴らしい防具・お店に出会えたかと思うと、あちこち行って良かったかなと(笑)
      受け取りの際には改めて御礼申し上げたいと思っています。

      長々と申し訳ありませんが、買った物以上に得る物の多い、素晴らしい体験をさせて頂きました。重ね重ね感謝致します。
      いやぁ〜出来上がるのが楽しみです!!またご縁ありましたら宜しくお願いしますm(__)m
      by F県S田 (2019/03/17 8:57 PM)
      F県S田 さん

      返事が遅くなり申し訳ありません。
      私もまさかという事態でした。
      話している中で、「もしかして、、、?」と思ったらそのまさかだったのは驚きでした。

      剣道具に関する店頭での情報というのはどうしてもそのお店が自分のお店をアピールする内容に偏りがちですし
      知らないほうからしたら言われた情報をそのまま信じることがほとんどのパターンですよね。

      安売りしているものに飛びついて悪いものを買うこともある
      かといって値段が高いからそれがすべてよいものかというとそういうことでもない

      剣道具店でのお買い物は難しいです。

      完成は私も楽しみです。
      よいものがきっと出来上がりますので、稽古でめいっぱい使える日を楽しみに待ちましょう!
      by 管理人 (2019/03/26 11:16 AM)






      この記事のトラックバックURL : http://radical.jugem.cc/trackback/1946
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH