日記もどき

剣道が好きです。稽古も好きですが、単純に剣道具も好きです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キャピック剣道具

遅ればせながら、キャピックの剣道具を見に行って参りました。

剣道具の知識については不勉強な点が大いにありますので、修正等あればご指摘ご指導お願い致します。

 

 

曰く、「キャピックの道具は素晴らしい。」
曰く、「キャピックの道具は何をどうやって作られているか分かったものではなくよろしくない。」
色々な噂が飛び交うものではありましたが、過去の新宿展示会及び今回の全国展示会に行って見て触った印象を書いてみようと思います。

 

 

:面:
布団は毛氈ではなく毛布を仕込んだものとしての感触が強く、肩も含めて均等にみっしりと入っているので
実際に身に着けてみたら肩に重さを感じるかもというところでした。
布団の刺しそのものは糸が沈み込むくらいにしっかりと刺してあり、イセについてはきちっとなっているものとそうでもないものとがあり、個体差があるようにみえました。
内輪はわりと寝ているタイプです。

 

 

:胴:
胴は胸がきれいに乗っており、飾り糸もがっちりと引いてあってなかなかだと感じました。
胸のデザインそのものについては好みがかなり分かれるところと思います。
刑務所の労務作業という、一般小売店などとは別個の世界で体系化されてきた飾りの特徴は、いうなればガラパゴス的なものであり、人によってはグロいとも感じるでしょうし、人によっては特徴的で素晴らしいと感じるとも思います。
個人的には、わりと好きではありますが(笑

 

 

:甲手:
肘布団は腕に沿って薄くしていくような仕上げというよりかは、もともと硬め薄めに仕立ててあるようでした。
しなやかに腕の動きに追従してくるというよりかはがちっと守るタイプのもののようです。
シノが少し短めで、手首を返したときに手の甲と肘布団が当たるかもしれず、そこはオーダーでいかようにでも解決できそうです。
展示品は私の手のサイズにまさにぴったりで、ちょっと心揺れましたが我慢しました。

手の内の握りはあえて挙げるなら竹屋っぽい握りに近く、永武堂かたつむりや栄光蜻蛉や桜小手、夢玄昇竜拳、日本剣道具製作所いもむしタイプ、東京正武堂鐵、竹島無骨のような握りではなく、平野武道具一引印、梅澤作、西山剣道具自在甲手、日武龍勘などに近い握りかと思います。
頭と肘の接合はきれいで段差もなく、問題は感じませんでした。
毛詰は個人的にはもう少し欲しいと思いましたが、昨今の市販品の好みに合わせるとしたら同程度かなというところでした。

 

 

:垂:
ヘリ革、布団ともに厚めにできており、これもまた胴同様に好みの分かれるところです。
布団そのものはやはり糸が沈むくらいに刺して引いてありました。
頑丈、という表現が的確かと感じます。
ミシンで8mmや10mmといったものを普段から使う人にとってはめちゃくちゃ硬く感じるかもしれません。
私は祖父の垂が木刀で叩かれても大丈夫なくらいガチガチなもので、いっときそれで稽古していたこともあるせいか全く気にならないくらいでした。

 

 

 

担当の方に聞いてみたところ、納期はだいたい1年程度、修理や胸単品の取り扱いもするとのことでした。
飾り糸の色、素材の吟味等、ほとんどのことはなんとかできるそうです。
どれだけ対応しきれるかは話してみないとわからない部分であるので、まずは電話が欲しいと言われました。

 

今後もまた各地で展示会があるようなのでチェックしていきます。

スポンサーサイト
- | 17:10 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://radical.jugem.cc/trackback/1894
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.