剣道が好きです。稽古も好きですが、単純に剣道具も好きです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
【剣道具店巡り】大阪 日武剣道具本舗 大阪谷4店
category: 剣道具店巡り〜な行〜 | author: radical
0

    珍しく、さくさくと更新を続けております。

    さて、いつまで続くか!

     

    ということで大阪巡りシリーズはこれで一段落ついて、また関東方面へ次から戻ろうと思います。

     

    お店巡りシリーズその51、日武剣道具本舗谷4店です。

    こちらは三武の店舗と合同となっており、もしかしたら検索すると昔の情報で「三武」として出てくるかもしれません。

     

    ではいつもの。

     

    :いつもの注意書き:

    お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

    また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

     

    ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

    常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

     

    【所在地】大阪府大阪市

    【最寄駅】谷町四丁目駅、谷町六丁目駅

    【駐車場】無し

    【ネット】http://www.nichib.jp/index.html

    【以下、雑感】

     

    最寄り駅としてふたつあげておりますが、若干谷町四丁目からのほうが近いかと思います。

    住宅街の中にそれとなく建っているビルの2階にお店があります。

     

    お店は自動ドアの先にこれでもかというくらいの陳列がなされ、見るだけでもわりと楽しいです。

    特に胴台と胸のサンプルが多く、いろいろ見てみたいなという人にとってはかなり嬉しい光景が広がっています。

     

    個人的に言えば、日武剣道具本舗というお店の持ち味は臨機応変な対応ができるというところと思っています。

    そのときお店を見たり、カタログを見たりして見つけられなかったとしても

    「こういうのが欲しいんだけど、どうですか?」と問い合わせてみると意外となんとかしてくれる、

    しかもそのなんとかしてくれる幅が予想を飛び越えてくる範囲で対応してくれる、という印象を持っています。

     

    圧倒的在庫数により見て選ぶ自由度も高いですし、その場で相談して叶えられる自分の希望という自由度も高い。

    価格帯としてもお手頃なものから真剣に貯金しないときついところまで広くあるので、何か欲しいものがあれば聞いてみると世界が開けます。

     

    ホームページも充実していて、いろんな情報を見ることができます。

    カタログの請求もできますので、手元で冊子として見てみたい方にもおすすめです。

     

    私が日武さんの存在を知ったのはだいたい6年から7年ほど前くらいの話ですが、日々の消耗品から防具一式までいろいろなお買い物をしております。

    現時点で、これまでの注文歴のなかで不快な思いをしたことは一度もなく、安心していろいろ頼めるお店であると私は思っております。

    (おそらくこれからも何かといろいろわからないことがあったら問い合わせてみる店舗として、私の中では順位の高いお店として意識していくことと思います。)

     

     

    さて、ということで大阪シリーズはこれにて一旦終わりとします。

    大阪や京都、愛知など関西方面でまわってみたいお店はまだまだありますので仕事の休みなど都合を見つけて計画を立ててみようと画策しております。

    どこに行って、こう見て、ここに向かって、と考えているときは楽しいひとときであります。

    comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
    【剣道具店巡り】大阪 明倫産業株式会社谷九店
    category: 剣道具店巡り〜ま行〜 | author: radical
    0

      ちょっと話題が違う内容を投稿していたので、またお店シリーズに戻ります。

       

      大阪のお店紹介がまだ地味に続きます。

      今回は明倫さんの支店である谷九店です。

       

      :いつもの注意書き:

      お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

      また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

       

      ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

      常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

       

      【所在地】大阪府大阪市

      【最寄駅】谷町九丁目駅

      【駐車場】無し

      【ネット】http://budo.nipponto.co.jp/

      【以下、雑感】

       

      谷町九丁目の支店だから谷九店。

      超わかりやすいネーミングの通り、駅から徒歩2分かかるかなくらいの立地です。

      大通り沿いでもあるので行こうと思ったらまったく迷わずに行けるレベルです。

       

      お店は剣道具だけでなく刀剣や柔道、居合などの他の分野にもわたって商品が陳列されています。

      また、入り口付近に甲冑が置いてありますが私はそちらの分野については完全に未知であるため、これがどういったものかは判断が付きませんでした。

       

      店内は入り口からみて縦長に奥へ伸びていくフロアとして作られており、ざっと見まわしてどこになにがあるかわかりやすいです。

      明倫本社と比べてしまうとさすがに小さくはありますが、世間一般的にみたら広めな店舗と思います。

       

      店主さんは話しかけやすいオーラの印象そのままの方で、大阪を訪ねた私に地理的なことや店舗の特徴などいろいろ教えてくださいました。

      こちらでは目の前の作業場で職人が仕事をしている、というものではなく置いてある商品を買ったり、注文して用意してもらうというジャンルのお店になります。

       

      明倫さんは大手でありますし、ぶっちゃけた話どこに行っても注文できるものは同じでありますので自分の行きやすいところに行くのがよいかと思います。

       

       

      さて、気づけばこれでお店巡りシリーズも50となりました。

      まだ続きます。

      次に目指すは100か、、、まだまだ先は長いですね

      comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
      ネットの情報についての追記(前回の続き
      category: ひとりごと | author: radical
      0

        前回の投稿の補足と言いますか、これは追記で書いといて広めるべきと思ったものがありましたので書きます。

         

        ネットで情報を拡散するときの真偽云々、についてですが剣道具職人会のホームページがまさにそれを実行していたので

        ぜひこのブログを見ている方にも読んでいただきたく思います。

         

        剣道具職人会

         

        このページを開くと、いろいろな情報が載っており、どれもが読み応えのあるものであることがわかりますが

        ページ上部にフェイクニュースという項目でいくつかリンクがつくられています。

         

        これはとあるブログ(上記項目を読むと名指しで批判されています)の内容について徹底して指摘する内容でありますが

        ぜひとも剣道具について興味がある人間は読むべきであると私は感じました。

         

        読めば読むほど自分の知識の浅さがわかるので勉強になります。

         

        別段、知らなくても剣道はできます。

        しかし、知ることによる重要性というのは言わずもがなです。

         

        ”そんなん知らなくていいじゃん”とか

        ”知ってどうするの?”とか

        そういう思考の停止している人は別にそれでいいと思います。

        私は心底そういう人を軽蔑するだけです。

        伝統がなによりもすべてとは言いません。

        しかし、伝統あるものだからこそ今があると考えて自分のできうる限りで勉強するのは必要なことと考えます。

        (勉強の程度、知識の程度の深い浅いは別問題です)

         

        いち剣道家が各々剣道具のことを真剣に学び、大事にすべきというのが私の考えです。

        派手だからかっこいい、これまで見たことないものだからかっこいい、というのは唾棄すべき最低の価値観とすら思っています。

         

         

        ちょっと話題が逸れましたので、次はまたお店シリーズに戻ります。

        comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
        ネットで検索する、ということ
        category: ひとりごと | author: radical
        0

          お店巡りシリーズが続いていたので、ちょっとばかり違う話題を挙げておこうと思います。

           

          ※長いです!!めんどくさい方は読み飛ばしてください!!

           

           

           

          さてさて。

          ひと昔前と違って、今日ではインターネットで情報がざくざくと簡単に大量に集まるようになっておりますが

          それは剣道に関してもそうであり、防具の名前で検索すればお店が、選手の名前で検索すれば動画や出身校、Twitterのアカウントまでもが芋づる式に次々と出てきます。

          そして「いい剣道具とは」「いいお店とは」なんていうざっくりとした情報を求める方も多いなか、ちょっと気になることがありました。

           

          ありがちですが、「おすすめ 剣道具店」と検索してみたところ、某大手剣道ショッピングサイトのページへたどり着きました。

          どのショッピングサイトのどのページかはあえてここでは書きません。

           

          ヒットしたサイトの他のおすすめ店舗についてもざっと読んだところ

           

          ・お店の紹介文のスタイル、フォントがバラバラである

          ・紹介されたお店のホームページの文面と同じ文面そのままのものがある

          ・憶測、推測を交えた文面が見受けられる

          ・ネット上で情報が確認できないから自分で確認してねという投げやりな〆のものがある

          ・お店の画像の出店が「Google」というパターンが存在している

           

          等の点から

          「おすすめというけれど、自分で足を運んだわけではないんだな」

          という感想を私は持ちました。

          とりあえず剣道具店舗の名前を並べてわかる範囲をぐぐってコピペしてページにしました、というやつです。

           

          私は情報社会の怖さをここに感じます。

           

          なぜか。

          それは、これから剣道を始めてみたいという人がとりあえず検索してこういったサイトにたどり着いた場合、

          なぜおすすめなのか、という非常に重要な要因について省略されていることに気付かず「なんかおすすめされてるからいいんだろう」という先入観を持つおそれがあるからです。

           

          今回のページで言うなら、例えば「伝統的な技術を受けついでいる」という紹介がなされている店舗がありますが

          ”じゃあ、伝統的な技術ってなに?”という疑問を私は持ちます。

          剣道具作りに流派があるという話題についても、私は非常にマイナーなジャンルのお話と思うのですが

          ここでは当たり前のようになんとか流の防具であると書かれています。

           

          何よりも気になるのは、このサイトを運営しているのが金とって防具売ることを生業とする業者のページということです。

          客から金を受け取ってものを売る立場が、「ネットで検索しても詳細わかんないから自分で電話してね、でもこの地域のおすすめのお店だよ」と記載しているのです。

           

          自社製品を宣伝するのは当たり前です。どんどんやったらいいと思います。

          情報を綿密に、大量に出して宣伝してもらうのはユーザー側からすると非常にありがたいことです。素晴らしいことだと思います。

          極端な話、誇大広告気味に書きまくったとしても、ユーザーがそれを信じて買って満足すればそれは商売として成立していますから。

           

          ただ、自社製品とは関係ない店舗の紹介をするにあたって、不確定なものをネットで検索して転載するだけというのはまずかろうと思います。

          実際に同業他社の他店舗へ足を運んで紹介するならまだしも、そうではない状態で情報を流すのはどうかということです。

           

          ここまで言うのは、どことは明記しませんが店舗紹介の文面で明確に間違っている紹介があったためです。

          私が実際にお店で店主と話して聞いた内容と異なる紹介がなされており、思わず今回の投稿をしてしまった次第です。

           

           

          検索すると情報が引っ張ってこれる、というのは素晴らしく便利なことではありますが、

          ・情報を出す側のモラル

          ・情報を受け取る側の整理する能力

          等、諸々ネット社会では必要とされるあれこれが多く、注意すべきポイントが多いです。

          (ネチケット、ネットマナー、などと表記されるアレです)

          とくに、情報を出す側として気を遣うところについては比重を重くとるべきと私は考えています。

           

          このブログについて言うなら、おすすめの小手や店舗について多々記事にしていますが、

          大前提として

          「自分が買ったもの、使ったもの、連絡を自分でとったところ、足を運んだところ」等

          自分の経験に基づくものを書くよう心掛けております。

           

          また、自分がいろいろと足を運んでみてわかることもたくさんありますが、

          「昔書いた記事の間違った部分については、あえてそのままにしておいて時折見直す」

          というのをやっています。

          基本的には私自身の知識の浅さからこんな防具がいいと思うぜ!みたいなことをよく書いていましたが

          今となっては数年前の自分を張り倒したいようなものが多いです。

          これを「あ、これやばい気がする!消したろ!」と消してなかったことにするのはむしろよろしくないと考えています。

           

          自分の経験に基づいて情報を出すからこそ、私はこれがおすすめだとか、ああだこうだと言えるのです。

          これがおすすめだよ、なぜならここがこうだからだよ、そうなっているのはこうだからだよ、と書くから信憑性を帯びるのです。

          これがおすすめだよ、でも詳しいことはネットに書いてないからわからないけどね、と書いてあったらどう感じるか明白です。

           

          面映ゆいことですがアクセスログを見るに拙ブログを読んでくださる方や検索でたどり着く方が一定数おられ、このブログで情報を発信するにあたり、どうあるべきかとよく考えさせられます。

           

          不定期極まりない更新頻度ではありますが、守るべきポイントはちゃんと守ってやっていこうと思います。

          comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
          【剣道具店巡り】大阪 明倫産業株式会社梅田店
          category: 剣道具店巡り〜ま行〜 | author: radical
          2

          さて、さらに明倫さんの記事が続きます。

          お店巡りシリーズの記事もついに49となりました。あと1つで大台?なのかな?

          当然ですがまだ書いてないところもありますのでこのシリーズ、しつこく続きます。

           

          ではいつものやつから。

           

          :いつもの注意書き:

          お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

          また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

           

          ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

          常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

           

          【所在地】大阪府大阪市

          【最寄駅】北新地駅、大阪駅、梅田駅

          【駐車場】無し

          【ネット】http://budo.nipponto.co.jp/

          【以下、雑感】

           

          なんという駅近!

          駅ビルの2階なので、外を歩くことなくたどり着けるレベルです。

          とはいえ、駅構内が慣れない人間にとってはわりと迷路に感じるつくりになっているので私はわりとたどり着くのに難儀しました。

           

          お店は2階フロアのすみのひと区画をつかって作られたもので、明倫さんのほかの支店に比べると小さいです。

          (が、一般的に考えたら狭いなんてことはまったくありません)

           

          ざっと見まわしてどこに何があるかだいたい把握できるくらいの感じが私としては好きなので、こちらのお店の雰囲気は個人的に落ち着きます。

           

          ちなみにこちらにはひとつ私が着目しているものがあり、それを見るために足を運びました。

          具体的にそれが何かは伏せます。

          陳列されているものか、棚のなかにあるものか、ショーケースのなかにしまわれているものかも伏せます。

          明倫梅田店には〇がある、と把握できた人だけがそれを見に行けばよいという私の考えからすべて伏せます。

          (もともとが私のメモ、ひとりごとからはじまったシリーズでありますゆえ、何から何までレビューするということはありません。)

           

          大阪シリーズ、まだ続きます。

          comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
          【剣道具店巡り】大阪 明倫産業株式会社本店
          category: 剣道具店巡り〜ま行〜 | author: radical
          0

            大阪シリーズ、引きずりすぎておりますが続けていきます。

            お店巡りシリーズ48、明倫産業株式会社本店さんです。

             

            実はシリーズ33の時点で京都支店のほうをかるーーーーく書いておりますが、本店のほうに行くのにだいぶ時間がかかってしまいました。

             

            では、いつものように。

             

            :いつもの注意書き:

            お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

            また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

             

            ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

            常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

             

            【所在地】大阪府大阪市

            【最寄駅】谷町九丁目駅、大阪上本町駅、四天王寺前夕陽ヶ丘駅

            【駐車場】無し

            【ネット】http://budo.nipponto.co.jp/

            【以下、雑感】

             

            一言で表現するなら、「でかい!!」という建物です。

            最寄り駅は3つ挙げてありますが、だいたいどこからも徒歩10分圏内くらいです。

            なにせ大きい建物なので、遠くからでも一発でわかります。

            大通り沿いにありますのでとてもわかりやすく、そして近づくにつれてその大きさに驚くレベルです。

             

            この階にはこれがあって、なんて書いていたらいつまでも文章が続いてしまいますので、剣道具全般の品揃えが豊富で

            店内で実際に触れられるサンプルも多く、剣道具にとりあえず触れてみたいという人は立ち寄ってみると面白いと思います。

            取り扱っているもの剣道具だけでなく、武具全般と表現するのがいいかもしれません。

            日本刀やそのほか武道用品の扱いも多岐にわたり、聞けばだいたいあるんじゃなかろうかというくらい取り揃えていらっしゃるイメージを持ちました。

             

            スタッフの方も数多く常駐し、明るくはきはきと対応してくれるので気持ちがいいです。

             

            オリジナルの商品が多くあり、自社工場で生産していることからかなり価格としては抑えたものが揃っていました。

            まとまった注文にも対応できるとのことでしたので、学校などをはじめクラブ活動などでどさっと注文するような客の対応に強そうだなと(勝手に)感じました。

             

            京都支店のイメージのまま足を運んでみたらスケールの違いに度肝を抜かれた、という印象が強いお店でした。

            comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
            【剣道具店巡り】大阪 加藤武道具
            category: 剣道具店巡り〜か行〜 | author: radical
            0

              前回更新して、あっという間に2か月弱。

              ちょっと更新をサボるとこういうゆるい感じの運営になるのはもうどうしようもないですね。反省します。

               

              ということで大阪のお店シリーズ。

              続けるといったからには続けます。

              お店巡りシリーズその47、加藤武道具さんです。

               

              以下、いつもの。

               

              :いつもの注意書き:

              お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

              また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

               

              ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

              常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

               

              【所在地】大阪府大阪市

              【最寄駅】鶴橋駅

              【駐車場】無し

              【ネット】http://katou-budougu.jp/

              【以下、雑感】

               

              前回記載した内容に少しかぶりますが、アクセスがよいお店そのものと思います。

              駅を出て、駅前通りから少し入ったところにあるため非常にわかりやすい立地です。

               

              お店は(言い方が失礼かもしれませんが)わりと狭めで、入ってすぐに竹刀、奥側に一段あがって防具類といった陳列で

              店内に入ってすぐにどこになにがあるか把握できるくらいの面積です。

               

              お店の方は明るく、話しやすいタイプで私が店内にいる間もほかのお客さんがするする入ってきて、

              ご近所の剣士から頼りにされてるのかなと感じました。

               

              取り扱うものはメーカーものが主だったもので、好みを伝えてオーダーして用意してもらうスタイルのお店です。

              職人さんの手刺がほしい!という希望のある人よりも、ミシンでこんな感じの防具が欲しいなという希望を持つ人向けと思います。

               

              私の時間の都合上、少しだけ話を聞いてすぐ出てきてしまったのですが、上記の通り地元剣士密着型のお店で好印象でした。

              comments(10) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
              【剣道具店巡り】大阪 北摂武道具
              category: 剣道具店巡り〜は行〜 | author: radical
              0

                大阪のお店シリーズを続けます。

                お店巡りシリーズその46、大阪は北摂武道具です。

                 

                これは大阪を巡ったときに感じた個人的な感想なのですが、大阪の剣道具店は比較的アクセスのよい立地にあることが多い気がします。

                たまたま回ったお店が行きやすいポイントにあった、というだけかもしれませんが、、、

                 

                :いつもの注意書き:

                お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

                また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

                 

                ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

                常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

                 

                【所在地】大阪府大阪市

                【最寄駅】関目駅、関目成育駅、関目高殿駅

                【駐車場】無し

                【ネット】http://hokusetsu-budougu.com/

                【以下、雑感】

                 

                特筆すべきはアクセスのよさ!!

                最寄りの駅が3つあり、それぞれから歩いてすぐの好立地に位置するお店です。

                 

                お店そのものは街中の剣道具店と表現するのがちょうどいいくらいの、広すぎず狭すぎず、少しだけこじんまりとしているくらいの広さです。

                 

                ホームページを見ると、ででんと大きく泉皓の宣伝が!

                ・・・もちろん取り扱いはありませんが。

                以前は注文を請けてその都度泉皓の胸を手配して、とやっていたそうですが今はもうやれない、やってない、在庫として残っていることもない、とのことでした。

                 

                基本的にはメーカーのものを注文して、それを手配してもらうスタイルのお店となります。

                店主さんはおだやかで話しやすく、これを知りたい!と聞けば朗らかに教えてくれる優しい方です。

                 

                お店の壁にずらっと胴着袴の在庫がありますので、胴着を見て探してみたいという希望を持つ方は足を運んでみるといいかもしれません。

                 

                私の時間の都合上、じっくりと長居できず、さらっとこんな感じの紹介となります。

                comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
                【剣道具店巡り】大阪 中西武道具
                category: 剣道具店巡り〜な行〜 | author: radical
                0

                  お店巡りシリーズその45です。

                  え、まだ続くの?と言われそうですが、まだ続きます。

                  そしてたまには関西方面のお店も書きます。

                   

                  昭和8年創業という古い歴史を持つ老舗であり、名前を聞いたことがあるという方も多いことと思います。

                  では毎度のように続けていきます。

                   

                  :いつもの注意書き:

                  お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

                  また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

                   

                  ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

                  常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

                   

                  【所在地】大阪府大阪市

                  【最寄駅】桃谷駅

                  【駐車場】無し

                  【ネット】http://www.kendougu.co.jp/

                  【以下、雑感】

                   

                  さて、まずそこから?という点ではありますが、URLに注目していただきたいです。

                  「けんどうぐ」とURLに入れてあるのに私は驚きました。

                  今のご時世、URLなんていろいろごちゃごちゃと店名いれたりあだ名みたいなのにしたりと多岐にわたるわけですが

                  そんな中で「けんどうぐ.co.jp」なんてそうそう見かけないです。

                  シンプルにきてるなぁ、と好印象を持ちました。(いやほんと個人の意見そのものです)

                   

                  お店ですが、桃谷駅から線路の高架に沿ってまっすぐ歩くだけで到着できるのでアクセスはとてもよいです。

                  何より、交差点まで出ると視界のなかにでっっっかく中西武道具の看板が見えるのでまず迷うことはないと思われます。

                   

                  店内は長方形に近い感じで広々としていて、歩き回りながらいろいろ触ってみて回れます。

                  定番商品から新作商品までメーカー系のものを取り揃えていて、店員さんに話を聞くところによるとミシンのものを特によくそろえているとのことでした。

                   

                  古くからの老舗ではあるものの、「昔の職人作の在庫を持っていていろいろ見ることができる」というタイプではなく

                  「最近のはやりに合わせて、ミシンの防具を客層に合わせておすすめできる」というタイプのお店です。

                  価格もかなり抑えたものになっており、学生さんにとっては心強い味方となるお店だなと感じました。

                   

                  店員さんは非常に話しやすく、私が店内を見て回っている間も次々にお客さんが来店し、あれこれと話している様子が見てとれ、

                  地域に密着した昔からのお店、という表現がよく当てはまると感じました。

                   

                  大阪には剣道具店が数多く点在しており、すべてまわったわけではありませんがこんな感じでざっくりと大阪シリーズを連投しようかと思います。

                  comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
                  【剣道具店巡り】埼玉 松勘工業株式会社加須本店
                  category: 剣道具店巡り〜ま行〜 | author: radical
                  0

                    最近「ひとりごと」カテゴリーに自分の意見をひたすら書くことばかり続けておりましたので、お店巡りシリーズを再開します。

                     

                    はやりの言い方をするなら、令和最初のお店紹介は埼玉は松勘工業さんです。

                    大手武道具メーカーとして聞いたことのある方も多いと思いますが、実際に足を運べる店舗として3つあるうち本店に行ってまいりました。

                     

                    :いつもの注意書き:

                    お店の雑感については、あくまで私が個人的に感じたものであり他来訪者に対してのお店の対応がいかなるものかについては保証できません。

                    また、本件雑感の文章や使用する画像等は全てこのブログのみのものであり、他媒体でも同様の記事・画像を使用することはしておりません。

                     

                    ”ネットで見たからこうしてくれるんだろ!?”という態度はお店への迷惑でしかありません。

                    常識、礼節を欠くことのないようよろしくお願い致します。

                     

                    【所在地】埼玉県加須市

                    【最寄駅】加須駅

                    【駐車場】有

                    【ネット】http://www.matsukan.jp/

                    【以下、雑感】

                     

                    お店巡りシリーズその45となりました。

                    じわじわと更新してますが、まだ書いてないところは残っておりますのでネタ切れにはなっていません(笑

                    気の向くままにお店をめぐって話を聞くというのはもはや趣味ですので、気ままに続けていきます。

                     

                     

                    松勘工業の名のついた店舗は加須の本店、支店に上尾と狭山とありますが、今回立ち寄ったのは本店となります。

                    加須本店の立地ですが、住宅街の一角にどどんと立っており、ちょっと遠めからみてもわかりやすく、たどり着きやすかったです。

                    とはいえ、住宅街を通っていくのでちょっと道が狭めなポイントもあり、車で行く際にはルートを間違うと結構ひやひやする部分を通ることになりそうです。

                    敷地そのものはとても広く、車を駐車するのも「ここでいいのかな?」と思うくらい広くてちょっと迷いました。

                    私は車で向かいましたが、電車で来ても駅からのアクセスに不自由しない場所と思います。

                     

                    店舗内はカタログに載っているモデル品が壁際に並んで陳列され、胴着袴、竹刀、小物類などは

                    見やすく、手に取りやすく、わかりやすいレイアウトだなと感じる雰囲気で居心地がよく、裏手の工房にも徒歩5秒くらいの距離でつながっている作りでした。

                    (個人的には、壁際の棚にしれっと置いてある剣道人形が好きなので立ち寄った方には見ていただきたいと思います)

                     

                    さて、今回お店へ伺ってみた理由としては、松勘の本店に行ってみたい!という純粋な興味もありますが、

                    それともうひとつ、ネットの情報で「京都大会で剣道具の製作について展示をした若い職人さんがいる」というのを確かめに行きたいというのがありました。

                     

                    店内であれやこれやと話しつつ、そういえば、、、と窓口で対応してくれた方にお聞きしてみると

                    今裏にいますよ、声かけてきますね

                    と呼んできてくれました。

                     

                    若手の職人さん(一応ブログ上なので個人名は伏せておきます。調べるとすぐ出てきます。)との対面した感想をものすごくざっくりと書くと

                    ・若い!!

                    ・話しやすい!!

                    ・いい人!!

                    という印象がまずずばっと私の頭に浮かびました。

                     

                    そのあとに話しつつ製作した面を見せてもらって抱いた印象が

                    ・剣道具のことが好きなんだな

                    ・職人としての意地、誇りをもって仕事してるんだな

                    ・手先が器用で、そして丁寧に仕事をするんだな

                    というものでした。

                     

                    製作した面の写真をブログに載せてもよいという許可ももらってきましたので以下、何枚か写真を載せます。

                     

                     〜澗料

                     

                     

                    手刺の面になります。

                    布団は海外で刺したものを使い、飾りや内輪、顎、組みなどの工程を行って仕立てたものになるそうです。

                    「やりたいことをやってみた」というコンセプトで作ったそうで、飾りがかなり特徴的なことがわかります。

                    「遊べるところで遊ぶぶん、本来やるべき仕事には一切手を抜かない、品質が伴うことを当たり前として作った」

                    という説明を受けつつ面を手に取りましたが、こまやかな仕事のなされていることがよくわかるものでした。

                    以下画像を載せていきます。

                     

                     

                    ◆…屬検¬民鑄分

                     

                     

                     

                    綴じは86綴じというかなり細かめな綴じ数で、面縁もよくある朱塗ではないものになっています。

                    面金の土台、裏側部分の内縫いもされており、いせこみもきれいです。

                    綴じ数が多ければ多いほど、ただ表面をすくって綴じただけだろうと批判を受けやすいため、作る際には

                    細かく綴じるけど、かといって浅く掬うようなやり方はやらず、きっちりやるべき仕事やってやる!と綴じたそうです。

                    実際、綴じのひとつひとつが沈み込んでいます。

                     

                     

                     顎

                     

                     

                    まずぱっと見て、2種類の波千鳥が珍しい!と感じるところですが

                    布団の飾りが色を変えてもう1段入っていたり、波千鳥の波部分もクサリで入っていたりと見れば見るほど見たことのないやり方です。

                    また、何より顎のヘリがこれだけ薄くつけられているのはすごいことだと感じました。

                    ここがボテっとつけられていると面を正面から見たときの印象がどことなく重たく、やぼったい感じになってしまうところを

                    シャープにつけているので全体像が引き締まります。

                    なおかつ顎自体の仕込みもしっかりとされていて丁寧なつくりになっていて、見た目だけきれいにまとめておけばいいや、という

                    安易な考えのものではないことがわかります。

                     

                     

                     

                    ぁ‘睥

                     

                     

                     

                    端的に表現するなら、「内輪が立っている」と表記するのがいいかと思います。

                    すでに仕立てられたあとの面でしたので、私の頭のサイズとはちょっと合いませんでしたがそれでもおさまりがいいと感じるものでした。

                    サイズがもしある程度合うくらいの人がこの面をかぶってみたら装着感の良さに思わず笑顔になってしまうのではないでしょうか。

                     

                     

                    以上、いくつかの画像とともに簡単な文字を添えてはありますが、やはり前提としては

                    「気になるなら実際に見て、触ることが大事」ということです。

                     

                    以前、消え行く職人と題して憂いばかりが先行する投稿をしましたが、こうして確かな技術を持つ若手もいるのだと知りました。

                     

                    飛び込みで話を聞きに行くのは、職人さんの時間を奪うことになる側面もありますので手放しでこうすべし!とは言えませんが

                    やはり飛び込んで聞きに行くからこそわかった収穫というのもありました。

                     

                    自宅からちょっと遠い立地であることから、足しげく頻繁に通うというのは難しくありますが

                    この若手の職人さんの未来は明るいと信じ、ひっそりと応援していこうと思います。

                     

                     

                    なんだろう、見てみたいな、と思った方はぜひ連絡を取り、足を運んでみることをお勧めします。

                    comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
                    new old
                    PR
                    SELECTED ENTRIES
                    CATEGORIES
                    ARCHIVES
                    RECENT COMMENTS
                    RECENT TRACKBACK
                    LINKS
                    PROFILE
                    OTHERS
                    SEARCH